アパートの方へ!ガイナのメリットとデメリットを理解しておこう!

アパートにお住まいの方でガイナについて知りたい方はいらっしゃいませんか。
ガイナには様々な効果やメリットがあることをご存じでしょうか。
今回は、そんなガイナのメリットとデメリットについてご紹介します。

 

□ガイナのメリットとは

 

今回は、ガイナのメリットを4つご紹介します。

1つ目は断熱効果・遮熱効果があることでしょう。
ガイナは断熱塗料であるため、もちろん断熱効果があります。
しかしそれ以外に遮熱効果があることをご存じでしたか。
ガイナは、外からの熱や冷気を遮断して、熱伝導が起こるのを防ぎます。
熱の移動を少なくするため、結露対策も期待できるでしょう。

2つ目は耐久性に優れていることでしょう。
基本的な遮熱塗料の耐用年数は7~15年程度ですが、ガイナの耐用年数は15~20年程度です。
耐用年数の長さはエコと節約につながるため、コスパが良いと言えるでしょう。

3つ目は優れた騒音対策があることでしょう。
ガイナでは、外部の音や屋内の話し声が漏れるのを防ぎます。
中には、生活音を8デシベル軽減した事例があります。

4つ目は消臭・マイナスイオン効果があることでしょう。
悪臭は、臭いの元となる物質が空気中の散乱することで発生します。
ガイナは、マイナスイオンを発生させるため、臭いや汚れの元に働きかけられます。

 

□ガイナのデメリットとは

 

次に、ガイナのデメリットについて4つご紹介します。

1つ目は大手メーカーに比べて製造元や製品として歴史が浅いことでしょう。
ガイナは発売されてから15年も経っていません。
また、ガイナの高耐久性は実証されていないため、ガイナを選ぶ際には信頼できる外壁塗装業者に依頼しましょう。

2つ目は臭いがあることでしょう。
ガイナは強い刺激臭はしませんが、若干の不快な臭いがします。
施工後には1~2週間ほど臭いが残る可能性があるため、事前に考慮しておきましょう。

3つ目はツヤがないことでしょう。
基本的には、外壁塗装の塗料にはツヤあり・7分ツヤ・5分ツヤ・3分ツヤ・ツヤ消しがあります。
このような塗料を使用する場合、ツヤの度合いを選択できますが、ガイナはツヤ消しのタイプしか製造されていません。
そのため、ガイヤでは新築のようなツヤのある仕上がりにならないことを理解しましょう。

4つ目は色の選択肢が限られることでしょう。
塗料は基本的にさまざまなメーカーが開発しているため、色の選択肢もかなり多いです。
しかし、ガイナは1社からしか製造されていないため、52色から選ぶことになります。

 

□まとめ

 

今回は、ガイナのメリットとデメリットについてご紹介しました。
他の塗料よりメリットは多いですが、デメリットもあるため、自分の条件に合うかしっかりと検討しましょう。