外壁塗装のマスチック工法って何?メリットを紹介

外壁塗装のマスチック工法について気になっているという方はいらっしゃいませんか。
外壁塗装には、さまざまな工法があり、どれを選べば良いのかがわからないという方は多いでしょう。
そこで今回は、外壁塗装のマスチック工法のメリットについて紹介します。

 

□マスチック工法の特徴

 

外壁塗装の工法には、さまざまな種類があります。
その中で、マスチック工法にはどのような特徴があるのでしょうか。
そもそもマスチック工法とは、多孔質のマスチックローラーで厚塗りをする工法です。
多孔質とは、多くの細孔を持つという意味で、毛質のローラーとは異なり、硬めの塗装材料を沢山含ませられるため、厚みをつけて塗装できます。

さらに、マスチックローラーを用いて施工するため、吹き付け工法のように塗料の飛散被害がありません。

塗料の飛散は、近隣住民とのトラブルに元になってしまうこともあります。
マスチック工法では、トラブルの元となる飛散被害を未然に防げるということで、安心安全な外壁塗装と言えるでしょう。

 

□マスチック工法のメリット

 

この工法には、大きく分けて2つのメリットがあります。
それぞれについて紹介します。

 

*ひび割れに強い(弾性塗料のみ)

 

マスチック工法はひび割れに強いです。
ひび割れが起きそうな壁に対して、弾力性が反応するため、耐久力が高いです。
外壁は太陽の光や湿気、また地震などでも伸縮するため、ひび割れが起きにくい事は魅力の一つです。

 

*防水性の高さ

 

この工法は、外壁に密着しやすいという特徴があります。
外壁に直接雨水が当たらないという点も防水性を高める一因です。
これらの理由から、マスチック工法は建物の防水性を向上させます。

 

□マスチック工法はこんな場合におすすめ

 

マスチック工法は、厚塗りの工法です。
また、メリットは、ひび割れに強く、耐水性があるという点でした。
このような特徴の工法はどういった場合におすすめなのでしょうか。

マスチック工法は、外壁を厚塗りしたい場合や、吹き付け工法による塗料の飛散被害を防ぎたい場合におすすめです。
この工法では、塗料を一度に多く含められるため、厚塗りが可能です。
また厚塗りができるため、凹凸模様も可能です。

 

□まとめ

 

今回は、外壁塗装のマスチック工法のメリットについて紹介しました。
外壁塗装には、今回ご紹介した工法以外にもさまざまなものがあります。
そのため、どの工法が向いているかは、住宅によって異なります。
自分の住宅にあった工法を選べるように、それぞれの特徴やメリットを把握しましょう。