マンションを外壁塗装する方へ!遮熱塗料について紹介します

マンションの外壁塗装には遮熱塗料があることをご存じでしょうか。
漢字で「遮熱」と書くことから、熱を遮るイメージを持っていらっしゃるかと思います。
しかし、具体的な効果についてご存じない方も多いのではないでしょうか。
そのような方のために、マンションの外壁工事で使われる遮熱塗料について詳しく紹介します。

 

□外壁塗装で使われる遮熱塗料とは

 

遮熱塗料を簡単に説明すると、太陽からの熱を跳ね返し、建物全体に省エネ効果を与える塗料のことです。

そのような遮熱塗料には、実際にどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

*遮熱塗料のメリット

 

まず1つ目のメリットは文字通り、遮熱効果があることです。
マンションの外壁が受ける太陽光エネルギーを跳ね返す効果があるので、遮熱塗料を使っていない建物に比べて熱が籠りにくく、建物全体の温度上昇を防ぐことができます。

主に夏場の太陽光が強い時期に効果を発揮するので、猛暑対策にちょうど良いでしょう。

また、2つ目のメリットは遮熱効果により、遮熱塗料を使っていない建物に比べて、建物全体の温度が平均して2.3度低くなることから、夏場の冷房代を削減できるという節電効果あることです。

3つ目は、ほかの一般的な外壁塗装の塗料に比べて塗膜の平均寿命が高いことがあげられます。
その分メンテナンスする回数が減るので、外壁の維持費コストを小さくできるでしょう。

 

□おすすめの遮熱塗料とは!?

 

次におすすめの遮熱塗料について紹介します。

遮熱塗料にもさまざまな種類がありますが、その中でも特におすすめなのが「ガイナ塗料」と呼ばれる遮熱塗料です。

ガイナ塗料は、他の遮熱塗料にくらべて反射率や放熱性が非常に高い点や、熱伝導性がほかのものよりも低いため、非常に遮熱効果が優れてます。

またガイナ塗料を使うことで非常に高い遮熱効果を得られることから、建物の外壁の温度と室内の温度との差が小さくなるため、結露を起こしにくい防露効果も期待できるでしょう。

そしてガイナには、高耐久性があります。
ガイナは一般的に従来の塗料よりも2倍ほど長持ちするため、メンテナンスの回数が少なく済み、結果的にトータルコストを削減できます。

 

□まとめ

 

遮熱塗料は、非常に優れた塗料であることがわかっていただけたかと思います。

また、その遮熱塗料のなかでもガイナ塗料は、非常に性能が良いので一押しです。

そしてこの記事を読まれて外壁塗装を検討してみようとお考えのマンション、アパートを管理していらっしゃる方はぜひ当社をご利用ください。