マンションを外壁塗装したい方へ!おすすめのマスチック工法とは!?

「そろそろマンションを外壁塗装したほうが良いかな」
「外壁塗装のときのマスチック工法って何?!」

ここでは、そのような方のためにマンションの外壁塗装を行うタイミングやマスチック工法について詳しく解説します。

 

□外壁塗装はどのタイミングでするべきか

 

どのような劣化症状がマンションに現れ始めたときに外壁塗装をすべきなのかを答える前に、まずそもそもなぜマンションの外壁塗装を行う必要があるのかご存じの方はいらっしゃるでしょうか。

一戸建ての場合もそうですが外壁の劣化を放置しておくと、雨漏りやマンションを構築している資材が傷んでしまい、大規模な修理が必要になります。

しかし、マンションの場合は一戸建てとは違い、多くの世帯の方が住んでいらっしゃるので、1人の世帯主の意見だけで、すぐに大規模な外壁工事やその他修理を行えません。

このような理由のため、大規模な修理をしなければならない前に、定期的な外壁のメンテナンスが必要不可欠になります。

次に、どのようなタイミングで外壁塗装を行えば良いのでしょうか。
基本的にマンションのメンテナンス工事は、10年~15年おきにした方が良いです。

また劣化症状としては、外壁を触ったときに白い粉のようなものがつく「チョーキング現象」やひび割れ、コケの発生などが起こると外壁の塗膜が弱くなっている合図であるために、このような症状が現れ始めたときは外壁塗装などのメンテナンスを検討した方が良いでしょう。

 

□マスチック工法とは何か

 

マスチック工法とは外壁塗装の方法の一つであり、多孔質のハンドローラと呼ばれる道具を使い、建物の内外塀壁を長期的な耐久性がある一段塗りの厚膜に仕上げる技術です。

この工法は外壁の吹き付け工法とは違い、周辺に有害な塗料をまき散らすことなく安全に外壁塗装を行えます。

 

*マスチック工法の利点

 

マスチック工法の一番の利点は、ひび割れを起こしにくい点です。
この工法には、基本的には弾性塗料という柔軟性のある塗料が用いられ、ひび割れが起きそうな外壁に塗装を行うとひび割れの動きに応じて塗料自体が動くので、非常に耐久力の高い外壁に仕上がるでしょう。

また、この弾性塗料は他の工法で用いられる塗料とは格段に防水性に優れているので、建物の防水性能を高められる利点も持っています。

 

□まとめ

 

この記事を読まれて、外壁塗装の必要性やそのタイミングについて理解していただけたのではないでしょうか。

またマスチック工法は非常に耐久性に優れた外壁に仕上げることができるので、簡単に修理ができないマンションやアパートの外壁塗装にはちょうど良い工法です。

そして、この記事を読まれて外壁塗装を行いたいとお考えになった方は、ぜひ当社をご利用ください。