アパートの外壁に欠かせないシーリング!おすすめのシーリング材は?

アパートの外壁のシーリングについて知りたい、とお考えの方はいらっしゃいませんか。
シーリングは外壁には欠かせません。
しかし、どのシーリング材が良いかわからないという方も多いです。
そこで今回は、アパートにおすすめのシーリング材について紹介します。

 

□アパートの外壁リフォームにはシーリングが欠かせない

 

そもそもシーリングとはどのようなものでしょうか。
シーリングは、コーキングとも呼ばれ、外壁に用いる目地充填剤のことをいいます。
外壁材は、隙間なく敷き詰めると、気温変化による膨張によって破損してしまいます。
そのため、外壁材は隙間なく敷き詰めてはいけません。
その隙間を埋めるためのものがシーリングです。

シーリングは、外壁材同士の隙間を埋めて、外壁材の破損を防ぐ役割がありました。
しかし、その他にも防水性を高めるという役割もあります。
外壁材を敷き詰めただけでは、どうしても隙間ができてしまいます。
その隙間があると、雨水が外壁に浸水してしまいます。
しかし、シーリング材が敷き詰められていれば、雨水が浸水してくるという心配もありません。

 

□アパートでのシーリングの相場

 

外壁シーリングは必須でしょう。
しかし、外壁全てをカバーしなければいけないため、費用が気になります。
シーリングにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。
シーリングの工事には、既存のシーリングを全て撤去し、新しいシーリングを打つ打ち替えと、既存のシーリングの上からシーリングを打つ、打ち増しとの2種類があります。

シーリング工事には、コーキング撤去代、新しいコーキング代、足場代などがかかります。

 

□おすすめのシーリング材

 

シーリング材はさまざまな種類がありますが、どれが良いかわからないという方もいらっしゃいます。
おすすめのシーリング材は、ダイフレックス社のシーカフレックスです。
シーカフレックスは形状保持性が高いシーリング材です。
硬化後は耐久性のある弾性体となり、多くの被着材に優れた接着性を示すため、高い接着強度が必要な弾性シーリングの際はぜひご利用ください。

また、耐久性に優れた「ダイヤカレイド」を外壁塗料に使用することで、「チョーキング」や「カビ」の発生を防ぎ、より長持ちする外壁を手に入れることができるので、おすすめです。

 

□まとめ

 

シーリングには、外壁材の破損を防ぐ目的と、防水性を高める目的があります。
工法は打ち替えと打ち増しの2つがありましたが、基本的には打ち替えがおすすめです。
シーリングをお考えのアパートにとって何が良いかを見極め、適切なシーリングを行いましょう。